カノン軽井沢南ヶ丘

Beautiful FORM
外観完成予想CG

DESIGN

邸宅に相応しい美と、新たなる軽井沢流儀をここに。

邸宅としての最大の特徴は、その規模感と一邸一邸に設えられたゆとりである。
敷地面積約4,500㎡超にわずか18邸という贅沢なまでに寛ぎを重視した構成は、
新たな生き方を目指す方々に提供するに相応しい住まいと言えます。
重厚かつ洗練された外観の美しさ、緑と呼応する幽玄な邸宅の中で、選ばれしオーナー達に優雅な日々を堪能していただけます。

Luxury RESIDENCE
外観完成予想CG

細部にまで及ぶ妥協なき姿勢が高めた、独創の美学。

ディテール一つひとつにこだわり抜くこと。そんな設計思想を基に石材や木など素材一つひとつを吟味。
この地が永い歳月のなかで育んできた景観の美質を守り、色濃い緑の中に悠然と佇む美術館のイメージを外観に重ね合わせることで生まれた、
独自の気高き存在感は、まさに完成されたひとつの美意識である。

Entrance APPROACH and HALL

エントランスアプローチ完成予想CG

この地の新たな象徴となる迎賓の風景を築く。

重量感のある浅間石隙間積みの門柱と大きなガラス面が美術館を想起させるグランドエントランスには、
正面まで車でアプローチできる優雅な車寄せを採用しました。
車路にはヨーロッパの石畳を彷佛とさせる天然石をランダムに敷きつめ、迎賓の空間としてしつらえました。

エントランスホール完成予想CG
Material
美しさを湛えながら、上質を求めた
軽井沢の地に相応しいマテリアル。

普遍的な美しさを湛えるレジデンスを求め、シックで落ち着いた色のタイルを採用。厳選したマテリアルを用いて、軽井沢の自然との調和を考え、美しい世界を表現できるようコーディネートしています。

参考写真

※掲載の完成予想図は図面を基に描き起こしたもので、外観・外構・植栽・街並み等、実際とは異なる場合があります。なお、周辺の建物等は省略してあります。